スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【SRPG2】ユニット画像拡張1.03

※このスクリプトは、ひきも記様で配布されているSRPG2の拡張スクリプトです。
※「ver1.02からの機能説明」の機能はSRPG2を導入していなくても通常マップで使えます。

ver1.03
不具合を修正

・ユニットの画像を変更させる変身ステート
・敵メモからのユニット画像指定
・スキルなど使用中に一時的にユニットの画像変更
・3コマ以上の画像を使用可能に(XP規格の歩行画像を使えたり)

ユニット画像拡張1.03

※「行動回数拡張 統合版」やそれ以前の再行動系スクリプトより上に入れてください。
※「援軍用ユニット増殖」より下に入れてください。


ver1.02より前の機能説明
ver1.02からの機能説明
スポンサーサイト

【SRPG2】敵AI拡張

※このスクリプトは、ひきも記様で配布されているSRPG2の拡張スクリプトです。

敵のAIを改造します。

・ターゲティングは、残りHPが低い相手を狙うようになっていた
 残りHPの割合が低い(弱っている) 攻撃力が高い(危険)
 精神力が低い(魔法に弱い) 残りHPが多い(元気)
 など、色々なパラメータを基準に。敵にも性格を!

・範囲攻撃の場合、
 「同陣営のユニットが巻き込まれにくい」位置を狙ってスキル発動。
 逆に味方が対象の範囲スキル(回復など)なら、
 「相手陣営のユニットが巻き込まれにくい」位置に。賢い!

・移動時も
 「可能な限りバックアタックを狙って移動する」ように設定可能。
 賢い!手強い!

この他にも色々機能が!詳しくは説明参照。

最初の予告時の説明に比べて機能追加と修正があります。
以前の説明を読んだ方ももう一度ご確認ください。

・スクリプト本体
攻撃AI拡張
移動AI拡張

・説明
攻撃AI拡張 説明
移動AI拡張 説明

【SRPG2】援軍用ユニット増殖1.01

※このスクリプトは、ひきも記様で配布されているSRPG2の拡張スクリプトです。

召喚・援軍などの演出でユニットを増やしたくても、そのために大量のイベントを用意して管理するのは面倒だし複雑になってきます。
このスクリプトでは、新たにイベントをマップ内に作成し、そのイベントをユニットとしてセットすることができます。
無限にユニットを増やせます。敵の他にNPC、PNPCも可。

ver1.01
○追加機能
・会話による起動と接触起動(ユニット死亡後に接触)に対応
・スクリプトコマンド focus_event set_home set_scope をダミーユニットに対応
○不具合修正
・ショップ画面やセーブ画面から戻った後、ロード後にダミーユニットの画像が消えている
・ダミーユニットの敵味方の判別がおかしくなる
・ダミーユニットの歩行画像が別ページのものに切り替わることがある
○仕様変更
・スクリプトを分割
・ダミーイベントに関してはセルフスイッチを利用できないので、別の方法で死亡などの情報を管理(説明参照)

援軍用ユニット増殖メイン メイン処理・設定項目
援軍用ユニット増殖スプライト スプライト・ウインドウ
援軍用ユニット増殖イベント イベント管理・スクリプトコマンド

説明 使い方 仕様変更について
補足 変わった利用法

※「二刀流で2回攻撃」と併用の場合は、書き換えが必要となります。
「援軍用ユニット増殖」のセクションより下に配置してください。
「二刀流で2回攻撃」のメインスクリプト内を「def coop_attack」で検索してください。
  def coop_attack(attacker, event)
    return if attacker == nil
    return if attacker.id == event.id
3行目の部分を
    return if attacker.dummy_id == event.dummy_id
に書き換えてください。

【カード2】対戦準備画面拡張

※このスクリプトは、ひきも記様で配布されているシンプルカードゲーム2の拡張スクリプトです。

通常デュエル前のデッキ選択時に表示されている敵デッキ情報を書き変えて、使用カードを隠したりすることができます。

競合を避けるために、このスクリプトにも「拡張カードアイコン」の機能を一部搭載しています。(通常デュエルの敵デッキウインドウのみ)
「拡張カードアイコン」と両方導入した場合は、DECKSELECT_ENEMYの設定は、スクリプト内で下にあるセクションの設定が適用されます。

サンプル画像

使い方

対戦準備画面拡張

【カード2】対戦キャンセル

※このスクリプトは、ひきも記様で配布されているシンプルカードゲーム2の拡張スクリプトです。

テストプレイ時に通常デュエルをキャンセルできるようになります。
ランダムでデッキを作成する時に、どんな出方をするか確認したり、対戦テストしたいデッキになるまでやり直すのに使えます。

また、通常プレイ時はデュエルの前にイベントコマンドのスクリプトで
$game_temp.cancel_deckselect = true
と入力すると、次の1戦はキャンセル可能になります。

対戦キャンセル

キャンセルすると、対戦結果変数に0(引き分けと同じ値)を代入してマップに戻ります。
この時、引き分け処理に飛ぶので「引き分け!」などのメッセージが表示されてしまいます。
テストだけならともかく通常プレイ時にそうなると不都合なので、それを無くすために「文章の表示」を無視する機能を付けました。

デュエルをキャンセルすると「$game_temp.no_show_message」という一時変数に、設定項目で指定した変数(デフォルトでは10番)の値が代入されます。
$game_temp.no_show_messageの値が1以上なら「文章の表示」は無視され、値が減ります。
つまり、設定変数の値が2なら文章は以降2回無視されます。

また、引き分け時の処理の中に
条件分岐:スクリプト:$game_temp.no_show_message > 0
を入れれば、$game_temp.no_show_messageが1以上の時だけの分岐、つまり対戦キャンセル時の分岐を作れます。

設定例画像
※$game_temp内の値はセーブデータには保存されません。タイトル画面に戻ると初期値に戻ります。

【カード2】拡張カードアイコン

※このスクリプトは、ひきも記様で配布されているシンプルカードゲーム2の拡張スクリプトです。

アイテム一覧で表示する標準のアイコンとは別に
デュエル準備画面など、カード関連のシーン専用のアイコンを設定できます。
アイコン設定はカードアイテムのメモ欄になど、アイコンIDで指定してください。

サンプル画像

拡張アイコンを使用するウインドウは
・デッキ編集画面
 選択中デッキ 所持カード一覧
・模擬デュエル準備画面
 自分デッキ 相手デッキ
・通常デュエル準備画面
 自分デッキ 相手デッキ
の6種類です。
それぞれで拡張アイコンを表示するか、それとも標準アイコンのままか設定できます。

拡張カードアイコン

【カード2】0ダメージ引き分け

※このスクリプトは、ひきも記様で配布されているシンプルカードゲーム2の拡張スクリプトです。

互いに0ダメージが続いて勝負がつかなくなった時に、強制的に引き分けにして勝負を終了させます。

0ダメージ引き分け

ダメージが0ならカウントを1増やし、ダメージが1以上ならカウントを0に戻します。
このカウントが6以上になれば引き分けとします。つまり双方合わせて3ターンの間0ダメージが続けば引き分けです。
引き分けになるカウントの数値は73行目、強制引き分けのメッセージは76,77行目で変更できます。

【汎用アクション】端○セルを映さない 場所移動に対応

※このスクリプトは、ひきも記様で配布されている汎用アクションEXの拡張スクリプトです。

以前の「端○セルを映さない」では、場所移動の直後には映さない設定をしたセルも映っていましたが、これを無くします。
設定項目で設定したIDのスイッチがONになっていれば、映さない部分は場所移動直後でも画面に入っていません。

その他の設定方法はサンプルプロジェクトをご覧ください。

※サンプルプロジェクトの初期位置周辺に後戻り禁止のサンプルステージがありますが、ここでは戻れない方向の変数を100にしています。
このようにするとカメラ位置を正常に判断できなくてバグりますので、後戻り禁止ステージに今回追加の演出をしたい場合は
場所移動前は変数は小さい値にしておく→場所移動が終わってから値を100などにして後戻り禁止にする
という風にしてください。

端○セルを映さない
※この素材は現在のアクションのサンプル(ver1.06)には含まれていません。

【カード2】模擬デュエル拡張

※このスクリプトは、ひきも記様で配布されているシンプルカードゲーム2の拡張スクリプトです。

模擬デュエルのデッキ選択に入る時、最初に対戦相手になっているデッキは2番目のデッキ(デッキ2が対戦可能でも不能でもデッキ2になる)でしたが、「使用可能なデッキの中で1番上にあるもの」にします。

模擬デュエルのデッキ選択画面とデッキ編集画面を、LボタンかRボタン(QキーかWキー)を押すと相互に切り替わるようにできます(メニュー画面から開いた時のみ)。

模擬デュエルのデッキ選択画面で、対戦相手になっているデッキにアイコンを表示して分かりやすくできます。

デッキ選択画面とデッキ編集画面で、使用可能(3枚入っている)なデッキと使用不能なデッキのそれぞれに文字色を設定できます。

模擬デュエルのデッキ選択画面で、使用可能なデッキが無い場合のメッセージを設定できます。

サンプル画像

模擬デュエル拡張

模擬デュエルのデッキ選択画面で、Aボタン(Shiftキー)を押すと相手のデッキを選択できるのが目立たない(気がする)ので、メッセージ(59行目)で説明するといいかも。
「Shiftキーで対戦相手を変更できます」とか

【アクション改】ふみつけ追加

※このスクリプトは、ひきも記様で配布されているアクション改の拡張スクリプトです。

汎用アクションEXにあったふみつけ機能をアクション改にも導入します。

生きている敵イベントに上から接触した時、
エネミーのメモに<ふみつけ可能>と入っていれば、踏んでダメージを与えます。敵の接触スキルは発動しません。

上からの接触でなかったりふみつけ可能でなかった場合は、通常通り接触スキルによりプレイヤーがダメージを受けます。

ふみつけ追加
※この素材は現在のアクションのサンプル(ver1.06)には含まれていません。
about
管理人:トリス

RPGツクールVX、VXAceのスクリプト素材を作ってます。
VXAceはATBやテストプレー高速化、VXはひきも記様のSRPG2拡張、アクション拡張 などがあります。

簡易利用規約
素材を使用した作品に著作権表記(このブログの名前)をお願いします。

作品公開時の利用報告は任意です。

サポート,リンク,共同制作などその他の詳しい規約はこちら
カテゴリ
リンク
ゲーム紹介
協力したゲームとか素材利用してくれたゲームとか

アスガル騎士団
アルカナリッター
 (VX)SRPG
 作品ページ  DLページ

チキチキボーンの骨
TimeLeaper -タイムリーパー-
 (VXAce)ATB
 作品ページ  DLページ
明日へのデュナミス
 (VXAce)ATB_XP
 作品ページ  DLページ


レンガの創作小屋
Dimension Warriors 間章
 (VXAce)
 作品ページ

なかぱー更新記
CRYSTALDestiny
 (VXAce)ATBサイドビュー
 DLページ
リンク用バナー

リンクフリーです。相互リンクは受け付けていません。
画像への直リンクは禁止です。
アクセスカウンター
リクエスト・質問掲示板
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。